Sapphire Sky
關於部落格
  • 885

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

Angel's Feather - 紫苑来栖 II

下面依然是辛苦抄下來的捏他台詞(其實你已經講了很多了;; ),請慢用ˇ 来栖サイド もう寝るか… 疲れたぜ。世界平和のためにモンスターと戦うなんて、だいたいオレのガラじゃねーっての。あーあ。遊星学院で昼寝してたころが懐かしいぜ しっかし、この国って、いつの間にこんなにホモばっかりになったんだ? 遊星学院も多かったけど、あれは男子校だからまあ無理もねーっつーか... この国には、ちゃんと女もいるんだぜ? それで、どーして男が男に走るかね? そりゃあ...好きになっちまえば、男も女も関係ねーってのは、分からないじゃないけどよ...ヤベ......なんか妙な気分になっちまったぜ。 こういう時は、イイ女の艶姿でも思い浮かべて、妄想の世界に浸り込むのが一番ってね... イイ女...イイ女...そう、例えば... なんて想像したって、ちっとも感じねーよ。 もう、オレは気づいちまったから... おまえの気持ちも...オレ自身の気持ちも... 紫苑...... あんなキスをしておいて、それでもなかったことにする気なのか? 前みたいに、見ないフリで通り過ぎようとするのか? そんなことはもうさせねーぜ。 気づかなければ、おまえの優しいウソを見過ごすこともできたけど、気づいちまったら、もう出来ない。 なあ、紫苑。 ずっとそばにいて、おまえは気づかなかったのか? オレの、おまえに対する気持ち...... オレの中でおまえはもう、臣下でも父親でもないんだ。 オレは、誰よりもおまえを... いつからそうなったのかは知らない。 もしかしたら、ずっと前から...おまえに、「黒い翼のいない所に連れて行って」とすがったあの瞬間から、オレは、おまえに...恋...してたのかもしれない。 紫苑... もう、戻れないよ。 オレは気づいちまったから。オレ自身の気持ちに。 そして...おまえの気持ちにも... ずいぶん上手に隠していたけどさ、あんなキスしたら、たいていわかっちまうって。 ツメが甘いよ、紫苑。 もう、見ないフリなんてさせない。 おまえのオレに対する気持ち、認めさせてみせるさ。 「紫苑...オレは...」」 紫苑...もう昔には戻れないんだ。オレは、もう、おまえの気持ちが分からない子どもじゃない。だから、紫苑...オレに、おまえの本当の気持ちを教えてくれ...紫苑。 紫苑サイド 少し身体が、鈍ったから稽古でもするか... 「はっ...はっ...」 「今夜は、このくらいにしておくか...」 「ああ...月がきれいだ...願わくば、太陽神が復活し、ウィンフィールドと王家に平和が訪れますように...」 王家に平和...か。俺も偽善家だな。 大切なのは、クリストファーさま1人...だ。 その本音を隠して、王家のため...と。 いつまで、こんな風に自分を偽らなければならないのか... たぶん...一生...だな。 しかし、俺も修行が足るない...クリストファーさまにあんなことをしてしまうとは。 今度は、誰に恋していらっしゃるのですか? ...俺は...また...他の奴のモノになったあなたを見なくてはならないのですか... それでも...それでも耐えてみせる。 この気持ちを隠し通して、あなたを守り続ける。 俺には、それしかあなたのそばにいるすべはないから... もう、二度と、あんなことはしません。 だから...心の中であなたを想うことだけは、許してください。 クリストファーさま...... 「俺の思いを受け入れてくれたなら、俺は、どんなにか......いや、今は、そんなことを考えている場所じゃなかったな...そうだ…今は」 話說這兩個人話真多,特別是講著奇怪日文的来栖|||,雖然抄得很樂不過還是有點怨;;; 不過光這兩個人的劇情我覺得都可以做成一個故事了呢,難怪AF同人作品不多,因為官方都已經交代夠多了嘛=v=;;;
相簿設定
標籤設定
相簿狀態